ヘッダーイメージ 本文へジャンプ

「不思議の国のアリス」 Alice's Adventures in Wonderland

グレード 3+(出版楽譜には「4」と表示されていますが、「3+」の難易度です。)
時間 12' 00"
人数 19人~
出版
デ・ハスケ
(DHP 1084364)
サンプルスコア
スコア1ページ目
(PDFファイル)
スコア全体の閲覧
(デ・ハスケHP)
録音
「ダビデの栄光」
(DHR 10-030-3)
竹内雅一指揮/名古屋芸術大学ウインドオーケストラ
幕内智子(英語ナレーション)

編成(*は省略可)
Picc.*
Fl. 1 / 2
Ob. 1* / 2*
Bsn. 1* / 2*
Eb Cl.*
Cl. 1 / 2 / 3*
A.Cl.*
Bs.Cl.*
A.Sax. 1 / 2
T.Sax
B.Sax
Trp. 1 / 2 / 3*
Hr. 1 / 2 / 3* / 4*
Trb. 1 / 2 / 3*
Euph. 1 / 2*
Tub.
D.B.*
Timp.
Perc. 1 / 2* / 3* / 4
ソプラノ*
日本語ナレーション

<使用打楽器>
Timpani, Snare Drum, Closed Hi-Hat, Triangle, Crash Cymbals, Suspended Cymbal, Bass Drum, Tam-Tam, Xylophone, Glockenspiel


プログラムノート
この作品は2007年、日生劇場(東京・日比谷)の委嘱により作曲。家族で楽しめる演奏会をコンセプトに毎年開催されている「国際ファミリーフェスティバル2007」の中の「楽器の国のアリス」の為に作曲され、同年7月15日、松沼俊彦指揮、シエナ・ウインド・オーケストラによって初演されました。

イギリスの作家、ルイス・キャロルによる名作「不思議の国のアリス」は、その発表以来多くの人々に愛され、世代を超えて世界中の人々に読み継がれてきました。広瀬勇人作曲「不思議の国のアリス」では、原作を元に作曲者の自由な解釈を加え、ナレーションと演奏、更にオプションで歌(ソプラノ)と楽員の演技が加わって、大人から子供まで楽しめるファンタジー溢れる内容となっています。

幅広い客層に親しまれる作品で、演奏会プログラムに華を添えることでしょう。



フッターイメージ